肌の保湿

綺麗な肌の条件は、うるおいと言われている。
この条件を満たしていないと、肌の潤いは失われ、やがて乾燥肌になってしまう。
そうならない為に、日頃から保温ジュエルを使用した保湿が最も大切になるのである。
しかし、高価だからといってそれが正しいスキンケア方法なのかは判断がつきづらい。
乾燥を防ぐ為に行うはずが、逆に肌に大きな負担を与えている可能性も否めないのだ。
大切なことは、保湿の仕組みを知ることと、保温ジュエルを使用した正しいスキンケア法を身につけることが先決になるのである。

潤いは元々、角質層に守られている。ラップと同じ厚さでありながらブロックのように何層も重なっている。
この状態で、外部からくる水分から肌を守り、内部にある水分を無くさない為に日々努力をしているのである。
その点、手や足は、顔の角質層よりも丈夫になっている為、刺激に強いと言える。
分かりやすく言うと、手を洗った時だが、水分は皮膚の表面に残ったままになっている。
これは、異物の侵入を防ぐ為にバリア機能が働いていることを示しているのだ。
この働きがあるからこそ、我々の肌は綺麗に保つことができるわけだが、肌の表面に、ただ化粧品を補給しても中まで浸透するのはおそらく難しい。
その為、十分な水分が行き届かず、結果乾燥肌に発展してしまうのである。
これらの問題は、保湿効果を維持できる保湿ジェルに任せておけば、良好な状態をキープすることが可能になるのである。

皮脂、天然保湿因子、角質細胞間脂質の三つの構造で我々の肌質をキープしている。
しかし、上記の三つが加齢と共に減少していくと、肌のトラブルを誘発しやすくなってしまう。
乾燥肌は特に、上記が減ったことで起こると言っても過言ではない。
大切なことは、水分を逃さずに量の確保に務めることだ。そこで注目したいのが保湿ジェルである。
ポイントは、水分を増やすのではなく維持することである。本来、肌の表面にある水は時間の経過と共に蒸発するのが一般的だ。
しかし、これでは肌に関する悩みを一掃することは難しくなる為、ここで保湿ジェルの投入を試みる。
敏感肌になると、角質バリアは低下する一方である。また、強かった肌はやがてアレルギー反応を起こすようになり、様々な症状を発症してしまう。
逆に言えば、バリア機能を高める保湿ジェルを使用したスキンケアを積極的に行えば抗原が奥に入ってくる心配も無い為、トラブルが起きづらくなるのである。
保湿ジェルを使用すれば、バリア機能を維持できる他、ジェル特有の密着度を使用して蓋をする為より保湿効果を高める働きをしてくれるのである。